月例優秀作品

審査と評は読売写真大賞事務局 源幸正倫氏

撮影者:猪之良洋一

平成30年3月 月例審査会「風景部門」入選者一覧

最優秀賞「ねぐらへ帰る家族」 猪之良 洋一

Copyright (C) 北原 唯史

​コメント

光の和らいだ時間帯の逆光だったことで、シルエットのハクチョウが柔らく表現されています。夕暮れのオレンジ色に染まった空のように、温かみを感じます。

優秀賞「舞い踊る光跡」 笹岡 好和

Copyright(C) 笹岡 好和

コメント

トンネル内でカメラを縦横に振り回してできた仲間のライトの光跡。滑らかな曲線とまっすぐ伸びた線が、リズムを刻んでいるようです。

優秀賞「月下香梅」 神戸 恒幸

Copyright (C) 金井 光寿

コメント

遠くの木漏れ日が丸くなって写った玉ボケを月に見立てて、みやびやかで趣があります。

優秀賞「早春の山肌」 鈴木 晃

Copyright (C) 小林 仁

コメント

雪解けで岩肌が現れた浅間山。墨絵のように明暗や濃淡をモノトーン調で表現したことで美しさと力強さが際立ちました。

 

© 2019 Gunma Yomiuri Photo Club