月例優秀作品

     審査は群馬YPC会員相互による自主審査

撮影者:鈴木 晃

平成31年3月 月例審査会 自由部門 入選者一覧

最優秀賞「湖面」 鈴木 晃

コメント:寒さに震えながら待ち続け、あきらめかけた時、目の前に朝日が差し込んだ。とても感動的な一瞬を捉えることができた。

優秀賞「薄明の機関区」 金井 光寿

コメント:厳寒の中国新疆ウイグル自治区。朝日で赤く染まった列車の蒸気とけたたましい汽笛とともに走りゆく光景に勇気づけられた。

優秀賞「花冷え」 井野 家文二

コメント:いつもの散歩道、傍らの畑に寒咲きの菜の花が目に留まった。寒さに耐えて咲く菜の花の黄色と緑色がとても印象的で、すがすがしい思いがした。

優秀賞「始動開始」 木暮 美津江

コメント:夜明けの海に出漁する漁船が視界に入った。一年余りカメラを持っていなかった自分の再出発と重なり、自分にとっても「始動開始」の一枚になった。

平成31年3月 月例審査会 新入会員部門 入選者一覧

優秀賞「愛憎」 小口 泰興

コメント:多々良沼にオオハクチョウが越冬のため多数飛来。係りの人がまく餌を奪い合う光景に懸命に生きる鳥たちのたくましさを感じた。

優秀賞「黄昏」 畠山 隆司

コメント:3月初めの多々良沼。春を迎えハクチョウたちが故郷に帰って行った沼に夕日が差し、黄昏の切ない思いを感じた。

© 2019 Gunma Yomiuri Photo Club